So-net無料ブログ作成

木曽駒ケ岳 [山]

昨日の御嶽山の噴火には驚かされました、山登りに行っていて下山後に携帯確認すると、着信と留守電、メールたくさん入っているではないですか~
みなさんご心配かけてかけてすみません、ご心配ありがとうございます。
自然の驚異との隣り合わせの山登りの怖さを改めて心に刻まれました、あれが富士山だったら、十分あり得ることですよね、いざという時の装備は考えておかないといけませんね。

DSC01609_R.JPG

それでは、だいぶ遅れていますが、子供たちと夏休み最後の8月19日登った、中央アルプスの木曽駒ケ岳に登った話です。
ここはマイカー規制がかかっているので、車を駐車場に止めてシャトルバスに乗ります。

P8193958_R.JPG

そしてロープウェーを使い千畳敷まで行きます、ここまで来ると小雨が降りだします、気温も下がりだします、早くも上着が要ります。

P8193960_R.JPG

小雨もやみそうもないので、準備運動をすませてそうそうに歩き始めます。

P8193986_R.JPG

ここは高山植物の宝庫ですね、ゆっくりと辺りを見回しながら歩きます。

P8193962_R.JPG

P8193966_R.JPG

P8193974_R.JPG

P8193979_R.JPG

P8193975_R.JPG

P8194001_R.JPG

P8194002_R.JPG

いつもにもまして沢山の花たちが、今年の長女の夏休み自由研究はこれを利用してみました。

P8193991_R.JPG

このあたりから上りがきつくなってきます、しかし今の二人には敵ではないですね。
ホント?

P8194011_R.JPG

登りきって尾根を歩き始めますが、ガスと風が強くなってきます。
今回も風と寒さとの戦いになってしまいました。

P8194023_R.JPG

中岳に到着します、風が弱まったすきに

P8194021_R.JPG

岩陰に隠れて昼食をとります、これで体も力を取り戻します。

P8194026_R.JPG

頂上に向かって進み始めます、滑りやすいのでゆっくり歩きます。

P8194027_R.JPG

先行してしまう長男はその都度待っててくれます。

P8194031_R.JPG

このあたりでは風も収まり、足取りも軽くなってきます。

P8194033_R.JPG

そして頂上に到着いたします、生憎の天候なので辺りは見えませんが、子供たちは疲れた体のそっちのけで、雲の中だとはしゃいでいました。
しばらく3人で休息をとり、下山に入ります。

IMAG0702_R.jpg

IMAG0705_R.jpg

下山あとは、楽しみにしていた明治亭でのソースかつ丼食べます。
おなかの空いた三人には敵ではありません、おいしくいただきました、やっぱりおなかを沢山すかせて食べる食事は実においしいこと。

DSC01641_R.JPG

DSC01671_R.JPG

そして、時間に余裕があったので帰りに山中湖の花の都にてひまわりを鑑賞して今回の話を終えます。
今年の夏休みも富士山を含め沢山の山に登れました、ほぼ予定登れたと思います。
次回は夏休みに海に行った時の話です、山もいいですがこの時期しかいけない海もすてがたいですね。

西方寺 [花]

今回もヒガンバナに話になります、昼休みに携帯で遊んでいると気になる記事があったので、調べてみると近くではないですか、鶴見川をサイクリングついでに見に行ってきました。

DSC05455_R.JPG

自転車で久しぶりに長い距離走りましたが、疲れますね、山歩いてるほうが私にはあってます。
西方寺、電車だと横浜の地下鉄で新羽駅から歩けそうですね。
平日なのに人出が多いですね、TVで紹介された効果ですね。

DSC05541_R.JPG

赤いヒガンバナの咲いている参道を歩くと左には白いヒガンバナが迎えてくれます。

DSC05687_R.JPG

そして左側には黄色が沢山あります、これだけのそろうと圧巻ですね。

DSC05497_R.JPG

黄色の中に赤と白が紛れていました、ついついシャッターの回数も増えます。

DSC05623_R.JPG

中に入ると赤のヒガンバナが沢山あります、入り口がインパクとがあるせいか、こちらは空いていましたが十分こちらでも楽しめます。
今週が見ごろらしいのでまだ間に合いますので、近場の方はおすすめです。

常泉寺 [花]

DSC05106_R.JPG

神奈川県大和市にある常泉寺に黄色のヒガンバナを見に次女と出かけました。

DSC05108_R.JPG

今日も元気いっぱいです。

DSC04845_R.JPG

赤はまだ先はじめな感じであまり咲いていません、蕾が多くこれからなんでしょうね。

DSC04861_R.JPG

DSC04914_R.JPG

DSC05179_R.JPG

奥に進むと沢山のヒガンバナが迎えてくれます、次女も沢山のヒガンバナにびっくりしてました。
感想は「ちくちくしてて痛そうな花」だそうです。
でもきれいらしいです。

DSC04935_R.JPG

白いヒガンバナの小道を散歩します。

DSC04930_R.JPG

DSC04922_R.JPG

白いのも沢山迎えてくれます、赤より多いような。

DSC05191_R.JPG

待ってました黄色です、今年も会えましたね。

DSC04999_R.JPG

三食揃い組です。

DSC04804_R.JPG

そんなに広いわけではありませんが、これだけの花があると中々飽きませんね。
写真を撮りながら周回します。

DSC04760_R.JPG

DSC04890_R.JPG

DSC05022_R.JPG

DSC05068_R.JPG

他にもハギなどの花も見られます。
来年はもう少し遅らせて赤がもっと咲くタイミングで見に行きたいですね。

見に行ったのは9月16日です。
そしてもう一つヒガンバナで気になるお寺がありますので、近いうちに行ってみたいと思います。

御岳山 [山]

DSC01093_R.JPG

ここに来るのも、毎年この時期に楽しみの定番になりつつあります、御岳山にレンゲショウマにあいに出かけました。

DSC01102_R.JPG

今回は、もちろん子供たちはいつもの三人、長男、長女、次女と登ります。

DSC01107_R.JPG

随時長男は先に登って行きます、とても上りやすい道ですが、車が時折通過するので、音が聞こえたら避けます。

DSC01117_R.JPG

夏場の低山は気温が高いので、汗が止まりません、拭いながら登ります。

DSC01120_R.JPG

木漏れ日、この光景は何度見ても飽きませんね、すてきです。

DSC01127_R.JPG

DSC01140_R.JPG

今回もまた沢山の花に会えました。

DSC01156_R.JPG

もう少しですね、ここまでくれば子供たちもゴールの位置がわかっているので、登るスピードがあがります。

DSC01179_R.JPG

ここで最初のレンゲショウマが迎えてくれました、いつ見ても好いものはいいですね。

DSC01208_R.JPG

そして頂上に着きます、今年もここでおみくじを引きました。
次女が中吉で他のみんなは大吉でした、今年は何かいいことがありそうですね。

DSC01144_R.JPG

DSC01291_R.JPG

DSC01275_R.JPG

去年、見つけたキレンゲショウマです、今年は子供たちとゆっくりと観賞してきました。

DSC01425_R.JPG

DSC01467_R.JPG

そして帰りにレンゲショウマの群生地を散策して今回の旅は終わります。
どうしてもこの時期になるとここへ行きたくなってしまいますね、また来年行くのでしょうかね?

三渓園 お月見 [月見]

9月9日三渓園に子供たちとお月見に行ってきました。

DSC04054_R.JPG

今年は三女も一緒にお月見です。

DSC04517_R.JPG

定番のセットですね~、これを見るとお月見に来たって感じがしますよね。

DSC04186_R.JPG

天気が心配でしたが、お月様がお顔をお出してくれました。
なぜか、家族みんなで拍手と笑顔。「おーいお月様」

20140909-DSC04093_R.jpg

アップで一枚わがレンズでは限界です。
トリミングしました。

DSC04191_R.JPG

三重塔もライトアップ、三渓園の演出に感謝です。
子供たちも「きれいな~お城」お城じゃありません(笑)

DSC04244_R.JPG

DSC04238_R.JPG

遊びながら撮っていたら面白い写真が撮れました。

DSC04271_R.JPG

奥へ進みます、暗いからこわーいと次女言いながら楽しそうに走り回ってます。

DSC04510_R.JPG

今回はしっかりと長男が私のフォローしてくれて、撮影中やそれ以外も三女の面倒を見てます。
助かります。

DSC04298_R.JPG

お月見のイベントで演奏会が開催されてました、暫し音色に耳を傾けます。

DSC04356_R.JPG

演奏会も終わり、三重塔と月を一緒に堪能して、今年の十五夜が終わります。
たまには、夜子供たちと月を見ながらの散歩もいつも他違った風情を味あえて好いですね。
来年また来たいですね。


富士山 2014 [山]

2014年8月4日今年もここに登る日がやってきました、長男が小学校1年の時に初登頂をして今年で4年目です、今では我が家の夏の定番になってきました、富士登山を楽しんできました。
今回は、長男だけを連れてきました、過酷になることが予想されたので下見も兼ねております。

20140805-DSC00505_R.jpg

今回は須走口よりの登山予定です、自宅を夕方前に出発して須走道の駅近くにある駐車場を目指します、途中寄り道して富士山を堪能します。
長男と二人で富士を、眺めて気持ちを高めます、富士山に登ってる人たちの光の列が見えます、これからあの列に加わります。

DSC00005_R.JPG

車を道の駅近くの駐車場に止めて、五合目までシャトルバスに乗ります。
22時の最終バスの一つ前のバスに乗ります。

DSC00009_R.JPG

そして須走口五合目、ここから今年の富士登山が始まります。

DSC00019_R.JPG

今回は、深夜に登り、ご来光を狙います、昼寝で体力も、日の出まで頂上までゆっくりとのぼるだけです、それでは靴の紐をしっかりと縛り登り始めます。

DSC00023_R.JPG

真っ暗な登山道を、懐中電灯で照らし、足元を気を付けながら歩きます。

DSC00030_R.JPG

新六合目に着きます、休憩をまだ始まったばかりです、二人とも体調は良いようです。

DSC00034_R.JPG

夜景、昼間とはまた違った風景が楽しめます。

DSC00084_R.JPG

満天の星空が迎えてくれますが、この日は風が強く、我々の前に立ち憚ります。

DSC00062_R.JPG

七合目、ここ休みますが長く休むと寒くなってしまいますので、ほどほどにします。

20140805-DSC00065_R.jpg

本七合目、ここでのもう一休み。

DSC00067_R.JPG

しかし、風は強く岩陰に隠れて休憩します。

DSC00074_R.JPG

そして八合目に着きます、ここにてアクシデント発生します。
次の九合目まで登ったところで、霧風雨が強くなり、頂上でのご来光は難しそうだったので、再び
八合目まで戻り、ご来光が出るまで時間を待つことに変更しました。

DSC00099_R.JPG

空が明るくなってきました、期待と心が躍り始めます、もう少しの辛抱です。

DSC00113_R.JPG

だいぶ明るくなってきました、気温も上がり始めますし、二人の心も高まり始めます。

DSC00220_R.JPG

DSC00298_R.JPG

DSC00323_R.JPG

DSC00331_R.JPG

そして待ちに待ったご来光の習慣がやってきました、二人の瞳に富士での念願のご来光が今目の前で、その習慣を迎えております。
二人でしばし無言でこの瞬間を見つめます。
そして「来てよかった」長男とつぶやきました。
なぜか私はこの瞬間を目の当たりにして、写真を撮り終わると同時に、涙が込みがげてきました、長男の頭を軽く小突き「おまえをここに連れてこれて良かった」と話すと微笑みながら「すごいよ、これは見てよかった」と長男が楽しそうに見つめていました。
何だかこれで、達成感に包まれてしまったのですが、これから頂上を目指して登ります。

P8050065_R.JPG

P8050072_R.JPG

そして頂上を目指し上り始めます。

P8050083_R.JPG

P8050085_R.JPG

雨と霧の到着いたします、今年もここにたどり着くことが出来ました。
来年もこの地に立つことを、長男と固く約束をし下山に入ります。

DSC00828_R.JPG

本日はこちらのペンションで、ゆっくりと体を休めて泊まります。

DSC00815_R.JPG

夜には河口湖の花火を楽しみました。

DSC01079_R.JPG

翌日、花の都公園で散歩します。

DSC00952_R.JPG

最後に長男に今回の登山の抱負を体で表現してもらいました。
珍しく長男は今回は高山病にかからず快適に登山ができたようですが、今回は風には悩まされたと登山になったのですが、最後まで登りきれたのはいい大家になったと思います。
来年は残る御殿場口からの登頂を目指したいです、そして今回も最後までついてきてくれた長男には感謝送りたいです。

昭和記念公園 [花]

昭和記念公園にレインボープールに遊びに来ました、その前にちょっことだけ子供たちに時間をもらいお花の散策をさせてもらいました。

DSC03606_R.JPG

DSC03611_R.JPG

DSC03613_R.JPG

入口にてお花たちが迎えてくれます。

DSC03633_R.JPG

露草、今年初めてゆっくり見ました、好きな花でがいつもながら撮影しずらい。

DSC03646_R.JPG

ハギ咲き始めていました、秋は近い。

DSC03919_R.JPG

DSC03941_R.JPG

おや、ゲンノショウコでしょうか?ここでお会いできるとは。

DSC03658_R.JPG

DSC03742_R.JPG

DSC03786_R.JPG

DSC03804_R.JPG

そして実は、この花に会いたかったんです、この時期私の大好きな花サギソウに会えるんですよね。
これまた、難しい子供たちもしびれを切らしてきてるので、この辺でプールへ足早に向かいます。
パパのわがままに付き合ってくれた子供たちにご褒美のレインボープールをこの後たくさん楽しんでもらいました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。