So-net無料ブログ作成
検索選択

毛無山、十二ケ岳 [山]

今年もここの山を富士山に登る前の前哨戦選びました、体調も良し体も痛い場所無し、後は気持ちだけです。

P7303845_R.JPG

今年も去年と同じ登山口より登り始めます。

P7303849_R.JPG

木漏れ日の中、長男と長女と歩き始めます。

P7303858_R.JPG

DSC09787_R.JPG

DSC09788_R.JPG

歩きながら長女沢山のお花たちを見つけてくれます。

P7303861_R.JPG

三人ともまだまだ元気です、足取りは軽いです。

P7303865_R.JPG

森を抜けると、富士が見えてくるのですが、今回は残念。

DSC09773_R.JPG

そして頂上に到着します、ここが毛無山の頂上です。
休憩を入れます。
しかし今年は体力温存を考えず、この先に進みます、いざ十二ケ岳。

P7303870_R.JPG

まずは、一つ目はすぐ着きます。

P7303886_R.JPG

ちょっと急な下り、慎重に

P7303892_R.JPG

世界遺産発見、頭が雲から出しました。

P7303893_R.JPG

ようやく半分、まだまだ余裕ですね。

P7303896_R.JPG

何か変わった、キノコ?発見、子供たちは興味津々、判りません。

P7303897_R.JPG

そろそろ後半で~す、段々ときつくなってるみたいな気がします。

P7303900_R.JPG

ゆっくりと下ります、空いてる日を選んで正解ですね。

P7303905_R.JPG

あとふたーつですが、ここからが本番だったようです。

P7303906_R.JPG

P7303908_R.JPG

ここは流石にきついですね、ちょっと疲れが見え始めます。

P7303912_R.JPG

残りはあと一つ、休憩を少し入れて歩き始めます。

P7303917_R.JPG

二人とも慎重に声を掛け合って下ります。

P7303928_R.JPG

つり橋渡ります、流石の長男もここは怖かったようです。

P7303934_R.JPG

長女もこわごわ渡ります、長男が揺れないように抑えてくれます。

P7303940_R.JPG

そしてこの山最大の難関がやってきます、もはや崖のぼりに近いです。

P7303946_R.JPG

下を見ると怖いくらいです、結構高さあります、ここは本当に慎重に上ってきます。

P7303947_R.JPG

上から見るとこんな感じです。

DSC09824_R.JPG

登り切ってしばらく歩くと頂上に到着いたします、やっとついた~
食事休憩に入ります。

DSC09866_R.JPG

ここに来て、富士山が迎えてくれます、この風景を見てしまうと疲れが飛んでしまいます。
今回は二人とも、かなり頑張ってくれたと思います、最後の上りも断念せずに登れたのはすごいと思います。
また二人の感想が、疲れたけど楽しかった、自然のアスレッチック最高~ 長男
楽しかった、また来たいね、高いのはちょっと怖いかな、後橋怖かった。 長女

それでは、次回は今年も登りました、富士山の話になります。

六郷花火大会 [花火]

今年は自宅の屋上より六郷の花火大会子供たちと楽しみました。

20140815-DSC01514_R.jpg

20140815-DSC01557_R.jpg

20140815-DSC01562_R.jpg

20140815-DSC01599_R.jpg

20140815-DSC01601_R.jpg

花火は難しいですね、タイミングも位置取りも未だにさだまりません。
来年こそはもう少し近い場所から狙いたいですね。たま~や~

黒斑山(浅間山外輪山) [山]

DSC09420_R.JPG

7月26日
浅間山自体はまだ登れないので、今回は子供たち三人と外輪山である黒斑山に登りに行きました。

DSC09491_R.JPG

登山口より三人で仲良く登り始めます、本日天候もよく熱いのですが、頑張って上ります。

DSC09425_R.JPG

DSC09459_R.JPG

DSC09464_R.JPG

DSC09483_R.JPG

DSC09499_R.JPG

今回も沢山の高山の花たちが迎えてくれます、相変わらず名前は・・・・

DSC09514_R.JPG

岩山を登りを登っていきます、長男は自分のペースだと早すぎるので、要所で待っててくれます。

DSC09515_R.JPG

木のおおわれたところにはいれば、暑さもしのげて涼しくなってきます。

DSC09540_R.JPG

赤ゾレの頭に着きます、ゆっくりと休憩を入れます。

DSC09566_R.JPG

さあ気合を入れてトミーの頭を目指します。滑りやすく次女は少し苦戦模様です。

DSC09583_R.JPG

トミーの頭に到着いたします、ここでも休憩を挟みます。

DSC09600_R.JPG

あまりは端っこに行くと怖いよ。下を見ると・・・・

P7263835_R.JPG

頂上を目指して最後のひと踏ん張りです。

DSC09624_R.JPG

そしてようやく、念願の頂上に到着いたします。

DSC09632_R.JPG

そして素晴らしい浅間山の勇士も堪能できます。

P7263840_R.JPG

頂上の風景を見ながら、休んでます。
次女は今回もよく頑張ってくれた遠見います、登れるか心配だったのですが、次回は前掛を目指してここに期待ですね。

DSC09756_R.JPG

DSC09730_R.JPG

温泉に入り、つま恋の花火を見て、北軽井沢に泊まり次の日に帰宅に着きました。
華やかさでは負けますが、ゆっくり人混みがなく花火が見れるのとても贅沢な感じがして良かったです、子供たちも花火に大はしゃぎでした。
来年もこの時期に狙ってきたいですね。


横浜こども植物園 [花]

DSC02404_R.JPG

今年も変化朝顔を、次女と見に行ってまいりました。

DSC02359_R.JPG

変化朝顔の説明があったのたくさんの種類があるようですね、今年も沢山びっくりさせられました。

DSC02296_R.JPG

DSC02313_R.JPG

DSC02324_R.JPG

DSC02346_R.JPG

DSC02368_R.JPG

DSC02406_R.JPG

DSC02304_R.JPG

そして最後の写真が今年一番の変化朝顔らしいです。

笹子雁ガ腹摺山 [山]

夏休み第一弾は、残念なことに長男が学校の用事で不参加ですが、長女と次女が参加してくれました、笹子雁ガ腹摺山に登ります。

P7223699_R.JPG

旧笹子トンネルの横から上ります。

P7223717_R.JPG

しょっぱなから急坂を登ります、ロープをつかみ慎重に上ります。

P7223723_R.JPG

P7223759_R.JPG

やっぱりこの時期は、きれいな花たちが迎えてくれます。

P7223730_R.JPG

しばらくは平たんな道が続きます。木ののトンネルと喜んで進む二人。

DSC09343_R.JPG

咲いてました、ギンリュウソウ神秘的な

P7223741_R.JPG

ここを登れば、もうすぐゴールですね、力を振り絞ります。

DSC09360_R.JPG

頂上に着きました、仲良き記念撮影

DSC09377_R.JPG

しかし今回は、期待していた展望は見られませんでした、次回に期待ですね。
このコースは距離はあまりないようですが、急な登りが多く、二人と大変なようでしたが、帰りの下山は疲れの様子はあまり見せずに楽しそうに話をしながら下山になりました。
それでは、次回夏休み第二弾をお楽しみに。

三渓園、イングリッシュガーデン [花]

DSC08509_R.JPG

7月の中旬に朝早起きして、次女と三渓園に蓮の花を見に出かけました。

DSC08516_R.JPG

早速たくさんの蓮の花が迎えてくれます。

DSC08666_R.JPG

早起きした次女には素敵な花が迎えてくれました、来てよかったですね。

DSC08736_R.JPG

スイレンも少ないですが咲いてました。

DSC08613_R.JPG

大きな葉っぱがお気に入りのようで、「大きい~」

DSC08826_R.JPG

池の中を泳ぐ、亀に夢中です。

DSC08897_R.JPG

帰りに以前尋ねたイングリッシュガーデンに寄り道して帰ります。

DSC09019_R.JPG

素敵な花が沢山咲いていて、興奮して回ってます。

DSC09154_R.JPG

カサブランカのいい香りが漂います。

DSC09118_R.JPG

八重の桔梗が迎えてくれました、ここにありました。

DSC09168_R.JPG

桔梗にたこの花は何なんでしょうね?
次回はたくさんのバラが咲く時期にお邪魔したいですね。


nice!(15)  トラックバック(0) 

カチカチ山(天上山)紫陽花 [山]

DSC07911_R.JPG

最近定番になってきた次女との山登り、長男と長女には物足りない山は次女と行くことが多くなってきました。
二人がいない好きに紫陽花のスポットに遊びに行きました。

DSC07923_R.JPG

湖畔に車を止めて、少し歩くと入り口に着きます、ここから上ります。

DSC07937_R.JPG

まずは駆け上がります、何度も来ているので距離感覚はつかめているのでしょね。

DSC07948_R.JPG

終わりかけていますが、まだツツジがあります。
七月の半ば過ぎなのに紫陽花が咲いているのですからね。

DSC07974_R.JPG

ここでは富士と紫陽花が一緒に撮れます、カメラマンも多くいます。

DSC08007_R.JPG

紫陽花以外にも、花を見ながら登れるこの時期は、楽しさが倍増します。

DSC08052_R.JPG

ロープウェーの駅に着くと、うさぎさんとたぬきさんに会えます、早速からんでおります。

DSC08062_R.JPG

だいぶ雲がかかってきましたが、富士が何とか見れます。

DSC08068_R.JPG

そして、もうひと登りすると頂上着きます、一休みします。

DSC08304_R.JPG

下山して大石公園でラベンダー楽しんでいると

DSC08372_R.JPG

雲の上から富士山が顔を出してくれました。
ここの山は、次女がお気に入りで、今回も登り終わった後に、うさぎさんとたぬきさんにまた会いにきたいねと楽しそうに話しておりました。

次回は夏休み第一弾、長女と次女一緒山に登りに行きます。





かっぱ橋、浅草寺、堀切菖蒲園 [タワー]

DSC07669_R.JPG

今回は次女と東京の街を散歩に出かけた話です。

DSC07703_R.JPG

七夕は終わって数日たってます、そろそろ撤去されてしまうんでしょうかね。
いいアングルですね、夜来るといい写真が撮れそうですね。

DSC07598_R.JPG

まだ残る七夕の飾りに興味津々です、二人でゆっくり歩きます。

DSC07750_R.JPG

いたるところにカッパがいます、興味津々、「あそこにもカッパいたー」と楽しんでおります。
これは郵便今日の前です。

DSC07780_R.JPG

飾りもなかなか楽しませてくれるものが多いですね、気になって動きません。

DSC07804_R.JPG

そのまま歩き浅草寺に出ます、人が増えます。

DSC07805_R.JPG

人が多いのでここらへんで退散します。

DSC03964_R.JPG

堀切の菖蒲園に舞台を移します。

DSC04120_R.JPG

この日は空いていてゆっくりと散策出ました。

DSC04148_R.JPG

河原に出て、楽しみにしていたスカイツリーとのコラボ、菖蒲園に比べると少ししか咲いていませんが、夕方、もしくはライトアップされてからの方が好いかもしれませんね。


北横岳、ブルーポピー [山]

しばらくの更新が止まってしまいすみませんでした。
PCの故障のため、マザーCPU交換、またOSもWIN8になりました、使い勝手がまだよくわかりませんが、気持ちを新たに更新を開始します。
気が付けば夏休みも後半ですが、前回の続きから更新をスタートします。

二日目、前日の疲れをゆっくりと休み、朝寝坊していたのですが、長男だけは朝から温泉に何度も入っていました。
三人とも目が覚めたところで、着替えを済ませて車で北横だけロープウェーに向かう。

DSC06613_R.JPG

ここより本日はロープウェーに乗ります、天候は曇り、展望は期待できないのが残念ですが
今日はゆっくりとお散歩のつもりで行きます。

DSC06640_R.JPG

北八ヶ岳ロープウェー、晴れてれば景色がもっといいのでしょうが、子供たちは外の景色に夢中です。

DSC06660_R.JPG

私はまだ体が少し重かったのですが、子供たちは回復しており、ペースも落ちずに楽しそうに上っていきます。

DSC06676_R.JPG

分岐点を左に、ここから山道に入ります。

DSC06682_R.JPG

ここの山も、大きな岩がごろごろしていて、子供の足には歩きづらいのですが、なかなかペースが落ちませんし、長男は昨日の後半が嘘のようなハイペース、先に頂上に行って戻ってきて、あとどれくらいか教えてくれます。

DSC06696_R.JPG

途中に雪があったので興味津々です。

DSC06717_R.JPG

ここを登れば頂上です、少し急な坂になってます、気温もあまり高くないので、前日とは違い汗もかきません。

DSC06736_R.JPG

北横岳の南嶺に到着します、ここでしばらく休憩をいれます。

DSC06745_R.JPG

北嶺より右側にある道と進むと

DSC06767_R.JPG

北横岳の最高地点の頂上に到達します、今回は二人ともまだまだ元気があり、まだ上りたりなそうでしたが、天気もあまり良くなく、昨日の疲れを考慮してここまでにして下山します。

DSC06805_R.JPG

山頂駅の近くの自然園ではクロユリが咲いていました。
初めて見るクロユリに子供たちは小雨が降る中夢中でした「くろいユリって小さいんだね」と感想を漏らしていました。
ズームレンズがないので手をいっぱいに伸ばしてとってみましたがこれが限界です。

再び宿に戻り三日目もゆっくりと宿で休息をとり、11時にチュックアウトして帰り道に寄り道をして、前から行ってみたかったヒマラヤの青いケシを見ることができる、大鹿村 大池高原 中村農園
向かいます。

DSC06844_R.JPG

たどり着けるか心配でしたが、結構山奥にあるんですが、他県ナンバーの車とすれ違いましたし、案内の看板も要所に頻繁に出てきますので迷わずにつけます。
入り口で入場料を払うと、変わった花が、尋ねると黒いホウズキだそうです。

DSC06860_R.JPG

DSC06867_R.JPG

お目当てのブルーポピー、ヒマラヤの青いケシに会えました、これだけ沢山あると目を奪われてしまいます。

DSC06908_R.JPG

DSC07107_R.JPG

DSC07118_R.JPG

DSC07154_R.JPG

他のも沢山の花たちが迎えてくれます、来てよかった。

DSC07275_R.JPG

長男も私と同じで写真撮影に夢中になってます。

DSC07144_R.JPG

長女は「青くてきれーい」といいながら花の鑑賞を楽しんでおりました。
ここで三人で花の鑑賞を楽しんで今回の山の旅は終わりになります。
長男の念願の八ヶ岳の赤岳の登山から始まり、最後は去年箱根湿生花園で見たブルーポピーに会えてとても充実した旅になりました、また来年八ヶ岳に戻ってきたいですね。

報告、8月5日に長男と富士登山を無事に終えております、後日記事を記載いたします。
またPCの故障し、修理せずに遊んでいたためストックがかなりたまってしまいました、
次回からは少し飛ばして、夏休み入ってからの話から始める予定です、それ以前の話は機会があったらご紹介させていただきます。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。