So-net無料ブログ作成
検索選択

横浜イングリッシュガーデン [花]

今回は山登りの話を載せる予定でしたが、急きょ先日紫陽花を子供達と観に行った話に変更しました、とてもいい場所なので早目の紹介します。
横浜にある横浜イングリッシュガーデンです。

DSC05215_R.JPG

今回は急に雨が降ってきたので、大慌てで帰りに車の中ら入口の写真を撮ってます、ここから中に入ります。

DSC04741_R.JPG

中に入るとびっくり、とてもおしゃれな空間が迎えてくれます、今回は女の子二人を連れてきたのですが、お姫様気分鑑賞していました。

DSC04463_R.JPG

DSC04478_R.JPG

DSC04551_R.JPG

DSC04558_R.JPG

DSC04565_R.JPG

DSC04580_R.JPG

DSC04593_R.JPG

DSC04929_R.JPG

DSC05014_R.JPG

色とりどりの紫陽花が迎えてくれます、初めて見るのも沢山あり、引き込まれてしまいますが、雨は次第に強くなりはじめます、傘もだんだん役に立たなくなってきます、この時期で良かった。

DSC05000_R.JPG

ここはバラの花も素晴らしいようです、もう終わりかけでしたが、まだまだ大丈夫ですね。

DSC05186_R.JPG

この時期限定のバラと紫陽花の競演もこの時期ならではのサプライズですね。

DSC06019_R.JPG

そして最後にこれの為に電車に乗ったんですよね、楽しみにしていた黄色の京急、ハッピートレインです、最後に二人の子供達の登場です、ポーズをとる準備が出来なかったのが残念ですね。

今回は雨の中駆け足の鑑賞になりましたが、次回はゆっくりと周りたいですね、バラの時期にはトンネルが素晴らしいようなので、次回は来てみたいですね。


横浜ランドマーク、大さん橋、等覚院 [花]

今回は横浜散策と川崎の等覚院につつじを見に行った話です。

DSC05449_R.JPG

港未来を歩きます、これからここに登ります。

P2079932_R.JPG

上からの風景もまたいいですね。

DSC05318_R.JPG

DSC05268_R.JPG

展望のいい日はやっぱりいました、富士山めっけ。

P2079950_R.JPG

つづいて赤レンガです、天気が良い日に横浜を歩くのも久々ですが、良い散歩になります。

DSC00485_R.JPG

今度は大さん橋まで来てます、勘のいい人は分かってしまいますよね。

DSC00517-1_R.jpg

DSC00539_R.JPG

そうなんですね、ここからの富士山も素晴らしいですね、天気が良い日は山ばかり行ってましたのでなかなか機会がありませんでしたので、流石にここからの風景は絵になりますね、夕暮れ時もいいかな次は狙ってみますね。

DSC09952_R.JPG

山下公園で少し休憩をします、程よい風が気も良いです。

DSC09947_R.JPG

中華街ここはさすがに混んでますね。

DSC09939_R.JPG

少し遅い、昼食を食べます、お腹いっぱい。

P5254792_R.JPG

ここまで来たら足をのばして港が見える丘公園へ。

P5254812_R.JPG

赤い薔薇も素敵ですね。

DSC08876_R.JPG

本日の楽しみの予定のつつじで有名な等覚院に横浜から川崎の溝の口に舞台を移します。

DSC09108_R.JPG

川崎に住んでいてここは知らなかったんですよね、有名なだけあって人が多いですね。

DSC08882_R.JPG

門をくぐると素晴らしいツツジの花が迎えてくれます。やっぱり来て良かったですね、長男は撮影に夢中です。

DSC09007_R.JPG

大ききはありませんが、右手には違った種類のツツジが見られます、なかなか見ごたえがあります、ツツジの時期はここはお勧めの場所です。

横須賀しょうぶ園、亀戸天神、あしかがフラワーパーク [花]

登山の話は少し休憩して、子供達と藤の花を見に行った話を三つまとめて見ました。
きっと今の時期は花菖蒲が真っ盛りの横須賀しょうぶ園に藤の花を去年に続き見に行きました。

DSC09292-1_R.jpg

子供達も藤のほのかな香りに誘われて歩いていると

DSC09305_R.JPG

まずはちょっとまだ早かったようですが、白の藤の花が迎えてくれます。

DSC09296_R.JPG

そして何よりも期待どうりの藤の花が眼下に広がります、今年初めての藤の花を十分楽しませてもらえます。

DSC09337_R.JPG

やっぱり何度見ても、八重の藤はいいですね。

続きましてここも去年開拓し今年もライトアップの藤が楽しめる亀戸天神

DSC07591_R.JPG

仕事を終えて帰宅し、急いで子供達と向かいます、子供達も去年来たことをしっかり覚えていました。

DSC07566_R.JPG

ライトアップの藤もまた違った感を保ちだしてくれます。

DSC07560_R.JPG

そして何よりもスカイツリーとのコラボ、去年ちょっとこって探していたのですが、ここのは穴場ですね。

DSC07623_R.JPG

ここは、いつまでも写真を撮っていたくなってしまいますね、でもあまり遅くまで子供達を振り回せないのでぼちぼちの所で終えます、また来年来たいですね、今度は日中来ようかな。


DSC00888_R.JPG

そして最後にあしかがフラワーパークにこれまた仕事を終えた後子供達と遊びにいきました。

DSC00884_R.JPG

いきなり薔薇を藤が迎えてくれます、ここまで来て良かった。子供達の第一声が「きれーい」といいながら中に進みます。

DSC00610_R.JPG

実はもうこの時期は藤は終わりごろですが、ライトアップされていると、違った良さでごまかせます。
今度は全盛期に来たいですね、紫のカーテンがすごいのでしょう。

DSC00768_R.JPG

しかし今回の楽しみはわざと時期を遅らせて、黄色の藤を見たかったんです、すごーいやっぱり黄色もありました。

DSC00702_R.JPG

黄色の藤のトンネルがあります、これがまた素晴らしい、子供達はまるでメルヘンの世界に来たと喜んで走り回っていました。
この時期他にも行ってみたいところが多くて、毎年頭を悩ませてしまいますが、藤の花去年は八重に驚かされましたが、今年は黄色に感動させていただきました、また来年お会いしたいですね。

PS、今年も変化朝顔が2014年8月16日(土)~8月31日(日)横浜市こども植物園であるみたいですね、去年記事が好評だったので、ご興味がある方、下記にリンクも記載しておきます。

http://www.geocities.jp/henka_asagao/tennjikai.html



九鬼山 [山]

三月の後半長男と電車に揺られて九鬼山に向います、高尾駅にて踊り子号に遭遇、こんな所まで今は乗り入れているんですね。

DSC00904_R.JPG

電車を乗り継ぎ前回登った時と同じ富士急の禾生駅より歩きはじめます。

P3230575_R.JPG

天気が良く水仙の花が鮮やかに咲いていました。

P3230578_R.JPG

そしてここより登山口に入ります、今日も足取りは軽いです、絶好調。

P3230581_R.JPG

早速雪がまだ時折雪が出てきます。

P3230586_R.JPG

登りが続きますが、整備がされているので登りやすいです、ちょっとマイナー何でしょうね、人は少ないです。

P3230592_R.JPG

登っている途中にチラホラ富士山が顔を出します、この演出が私たちにとっては嬉しい限りで、登るスピードも上がります。

P3230603-1_R.jpg

頂上の手前に富士見の展望できる場所があります、残念な事にこの山は頂上からは見えずにここからの写真コンテストに出ています、流石に展望は抜群です、帰りのも寄ってしまいました。

P3230599_R.JPG

頂上付近は雪が残ってますね、これを越えれば頂上です。

DSC01036_R.JPG

ここで定番の休息と軽食を食べます、のどの渇きとお腹を満たします。
その後下山に入ります。

DSC01091_R.JPG

DSC01114_R.JPG

今回も帰りは二人で撮り鉄楽しみながら帰路に着きます。


越前山 [山]

P3160370_R.JPG

三月の中旬頃に長男と一緒に十里木高原より越前山に登りに、ここは今回で三度目の挑戦になりますが、ここまで近くに来ているのですが、富士が見えたことがありません天候のいい日を選び再び登り来ました。

P3160371_R.JPG

駐車場に車を止めて登り始めます。

P3160372_R.JPG

今年は大雪が多かったせいなのか、この時期でも大量の雪が残っています。

P3160375_R.JPG

早速展望台まで登ります、こんな素晴らしい富士が・・・見える日に来て良かったです。

P3160384_R.JPG

雪道を登って行きます、またまたアイゼンの出番ですね。

P3160395_R.JPG

予想以上に雪が待ってます、この辺りからはちょっと量が多くなってきました。

P3160396_R.JPG

展望のいい場所に出ました、富士の下の方が雲に隠れ始めました。
頂上まで持ってほしいと祈りながら登ります。

P3160404_R.JPG

この辺りからは急になってきます、さあもうひと踏ん張りします。

P3160416_R.JPG

小型の雪だるまを作って遊びます、もちろん一緒に記念撮影します。まだまだ余裕があります。

P3160430_R.JPG

ここまで来ればもうすぐですね、雪道を踏みしめて楽しみながら登ります。

P3160442_R.JPG

そして頂上に着きます、三度目になると大体の距離が分かるので、余裕を持って登れたようです。
終始長男は雪を楽しんでいた様子が見られました。

P3160439_R.JPG

そして今回は富士山も顔を出してくれました、やっぱりこれが一番たまりませんね。
そして暫しの休憩をすませて下山に入ります。

DSC00223_R.JPG

今回はもう一つ楽しみが待っています、日没をまで辺りを散策します、まずは田貫湖での逆さ富士は微妙ですね、風が収まりません。

DSC00311-1_R.jpg

朝霧高原では紅富士が見られました、嬉しい~

DSC00395-1_R.jpg

最後に朝霧高原にてパール富士を見てきました、撮るの難しいですね。
次回も長男と山に登った話になります、お楽しみに。

塔の岳 [山]

前回長男は、置いて行かれたのに不服なようで、週末に富士山が見える山に登りたいとの期待に応えるために今回は丹沢にある塔の岳に登ります。
駐車場に車を止めて大倉より登り始めます。

P2019844_R.JPG

ここはとても整備されていて歩きやすいんですが、始めは比較的平坦な道がです。

P2019852_R.JPG

しかし残念な事に平坦な道は始めだけで、ここからは長い長い登りが始まります。
早速トップギアに入ります。

P2019856_R.JPG

まだまだ登ります。

P2019857_R.JPG

ここまで来ると富士が頭を出します、頂上での風景に期待が持てます。

P2019863_R.JPG

しかしいつまで続くんだろうこの登り、毎回この山に登ると思ってしまいます。

P2019872_R.JPG

冬なのに額に薄ら汗が、そして清々しい風がとても心地よく感じます、でもまだ登ります。

P2019879_R.JPG

ここまで来ればあともう少しですね花立山荘、ここで一休みします。

P2019887-1_R.jpg

綺麗な富士山が見えてきます、登る足も軽くなりますね。

P2019901_R.JPG

この時期頂上付近はやっぱり雪が残ってます、アイゼンを装着して登ります。

P2019909_R.JPG

頂上に到着します、ここには雪が沢山の残ってます、どんな時でも雪は楽しいようです。

P2019905_R.JPG

しばらく雪山ではしゃぎまわっていましたが、記念の写真を撮ってそろそろ下山に入ります。

DSC05022-1_R.jpg

DSC05042-1_R.jpg

もちろん頂上からは少し霞ががってしまいましたが、素晴らしい富士山が迎えてくれました。
これを見てしまうと、また来たくなってしまいますね、また来年冬に会いましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。